神奈川県小田原市の美容皮膚科クリニック

紫外線対策!

紫外線が強くなってきましたが皆さんは
日焼け止めを毎日使用していますか?
クリニックで患者様からお話を伺うと
1日外に出ない時、曇りや雨の日は使っていない。
夏しか使わない。という方もいらっしゃるのですが
日焼け止めは1日外に出ない時も曇りや雨の日も使用してくださいね。

紫外線は地上に届く太陽光線の一種。
波長の長いA紫外線(UVA)は雲や窓ガラスを通過して肌へ到達する
生活紫外線とも呼ばれしわやたるみの原因となります。
急激な作用を起こさないかわりに肌の奥まで入り込み
じわじわとダメージを与えていきます。

波長の短いB紫外線(UVB)はレジャー紫外線ともいわれ
肌に強く作用し、多量に浴びると赤く炎症を引き起こし
屋外での日焼けの主な原因となります。

肌に紫外線があたると角質層のバリア機能や保湿機能が低下するため
カサついたり、乾燥したりします。
また、肌が乾燥すると肌荒れの状態を引き起こします。
肌荒れした状態で紫外線を浴びると、肌が日焼けしやすくなり
透明感が失われる原因にもなります。
さらに、肌のハリを保つために大切なコラーゲン、エラスチンが
ダメージを受け肌の弾力が失われてしわやたるみにもつながります。

UVBは赤く炎症を起こしたりするため、ダメージが分かりやすのですが
UVAは急激な反応を起こさず、お肌の奥にダメージを与えています。
そのため、反応がないから大丈夫と安心してしまう方が多いですが
じわじわと時間をかけてシミやしわ、たるみなどを作り出すので
紫外線から肌を守ることは美しい理想の肌を維持するために
とても重要です。
そのため、日焼け止めの選び方や塗り方も重要です。
小田原銀座クリニックではSPF50、PA+++以上の日焼け止めを
推奨しており、塗り直しも必要ですとお話させていただいています。
夏場は日焼け止めだけでなく、日傘や帽子、サングラスなどを
使用して複合的な紫外線対策を心がけてくださいね。

毎日しっかり紫外線ケアを行い、シミやしわ、たるみを予防しましょう!

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s