グラッシュビスタ〜ボリュームまつ毛〜

前回まつ毛の役割や毛周期、まつ毛貧毛症などについてご紹介致しましたが
今回は実際にまつ毛貧毛症の処方薬やお手入れ方法についてご紹介致します。

商品名:グラッシュビスタ
グラッシュビスタ(お薬)は上まつ毛の長さ、豊かさ(太さ)、濃さを
改善する外用薬です。(ただし、発毛可能な毛包が存在しない場合には本来の効果が得られないことがあります)

グラッシュビスタの効果
日本人での臨床試験において、この薬を4か月使用した結果、
特発性のまつ毛貧毛症の患者さんでは77.3%(68/88例)で
有効性が認められています。
(この薬は使用を中止するとこの薬の使用前の状態に戻ります)

使用前に注意すること
○ 次の方は、この薬を使用することができません。
  過去にグラッシュビスタに含まれている成分でかゆみ、
  発疹などのアレルギー症状を経験したことがある方

○ 次の方は使用を避けてください。
  妊婦または妊娠している可能性がある方
  授乳中の方 ※やむを得ず使用する場合は、授乳を中止してください。

○ 次の方は、慎重に使う必要があります。
  水晶体のない方
  眼内レンズを挿入している方 
  目の手術をした人

○ 次の方は注意して使う必要があります。
  高齢の方 
  ほかの点眼液を現在ご使用の方
  小児(15歳未満)
 

グラッシュビスタの使用方法
この薬は上まつ毛の生え際に塗布して使用する外用薬(液体)です。
○ 使用回数は?
 通常使用する量や回数は次の通りです。 
・片目ごとに1日1回1滴を専用ブラシに滴下し、上まつ毛の生え際に
 液を塗布します。
・頻繁に塗布しても効果が促進されませんので、1日1回を超えて
 塗布しないでください。
・一度使用したブラシは廃棄してください。再使用はしないでください。

○ どのように使用するのか?
・使用の前にグラッシュビスタは夜のメイク落としと洗顔を済ませて
 清潔な状態にしてから使用します。
 コンタクトレンズは外してください。
 再装着は、本剤塗布15分以上経過後に行って下さい。
・専用のブラシを水平に持ち、ブラシの毛先部分にグラッシュビスタを
 1滴落として、染みこませます。このときブラシの毛先には
  触れないようにしてください。
・滴下後すぐにブラシを使って上まつ毛の生え際の部分を目頭から
 目じりの方向へ丁寧に塗ります。下まつ毛には塗らないで下さい。
 塗る時には、液が目の中に入らないように、下まぶたにつかないように
 気を付けてください。
・液が上まつ毛の生え際以外についた場合は、コットンなどですぐに
 薬液をふき取るか洗い流してください。
・片方のまつ毛を塗り終えたら、その都度使用したブラシは再使用しないで
 下さい。

○ 医療用医薬品のまつ毛貧毛症治療薬と市販品の違いは??
  「薬機法」により、市販の育毛剤・まつ毛美容液は
  「医薬部外品」「化粧品」に分類され、基準が定められています。
   基本的に人に及ぼす作用の強さの違いがあります。
   一般的に市販のまつ毛美容液は「化粧品」に、まつ毛の育毛剤は
  「医薬部外品」に分類されます。
   化粧品:まつ毛周りの環境を整え、健やかに保つことで、
   まつ毛のダメージを減らすといった効果を期待するものです。
  医薬部外品:「医薬品」に比べ、効果・効能が緩和であり、治療ではなく
  「予防」を目的に作られたものです。
  医薬品:病気(疾患)の診断、治療又は予防に使用されることが
  目的とされているもの。

まつ毛貧毛症治療薬のグラッシュビスタの魅力についてご紹介致しましたが
いかがでしたでしょうか。
毛髪と同じように減少してしまうと若々しい印象が失われてしまします。
グラッシュビスタは処方薬です。まつ毛が少ない、短い、細いと感じたら
ご相談ください。

img_products_glash

ページ上部へ戻る