シミのダウンタイム

当院ではシミ治療を行っておりますが、ひとくちにシミと言ってもシミの種類によって治療方法がいくつもあります。
その中でも代表的なのが「ライムライト(光治療)」と「Q‐YAG(レーザー)」です。
どちらの治療も治療後に一時的にダウンタイムといって治療による一時的にご不自由になる期間が生じます。そのダウンタイムというのがどういうものかを今回ご紹介いたします。

~シミ治療と注意事項~
シミ治療はわかりやすくいうと火傷を利用してシミの色を改善していくものです。
つまりシミの部分に光やレーザーを当てるとその部分が火傷をしている状態になります。
その部分にマイクロクラストといってかさぶたみたいなものができます。(できない場合もございます)
そのマイクロクラストとは怪我をしたときのかさぶたみたいなものなので摩擦や外部刺激などではがれないで自然にはがれるのを待ちます。
マイクロクラストはだいたい1~2週間程度くっついていて自然にはがれていくのがベスト。
無理やりはがしてしまうと傷の治りが遅くなると同様に赤味が続いたり刺激感があったり最悪の場合はその部分がまたシミになることもあります。当院では洗顔やタオルなどで拭く、基礎化粧品使用時などうっかり強くこすったりしないように、またほかの要因でも摩擦が起きないようにお願いしております。
また光治療やレーザー後は紫外線の影響をとても受けやすくなりますので日焼け止め・塗り直しや日傘、サングラスや帽子などもお願いしております。

~治療後のダウンタイム~
治療後は一時的にシミの部分は1~2トーン濃くなります。
治療後はお化粧して頂いて大丈夫ですのでスポッツカバーやコンシーラーなどで隠すことが可能です。当院でもナビジョンDRのスポッツカバーやスキンケアベール(ファンデーション)、BBプロテクトUV(色付き日焼け止め)もご用意しておりますのでご利用、ご購入が可能です。
当院ではマイクロクラストがある期間の1~2週間は大切なご用事がない時(結婚式や同窓会など多くの人に会う機会)をお勧めしておりますが基本的な日常生活でしたがお化粧で隠すことができます。ただし元のシミの色が濃い方は1~2トーン色が濃くなるとかなり印象がかわりますので、そちらも考慮した治療のタイミングをお勧めしています。

シミの治療はクリニックで行う医療行為はもちろんですが、ご本人様の普段の自己管理も必要になります。まれに患者様より数日でかさぶたが取れてしまった、うっかり日焼けしてしまったとお話がありますがそうなってしまってからでは手遅れの場合がございます。
せっかく時間もお金もかけていただいたのに不注意で無駄になってしまってはもったいないので、治療後のお手入れは特に注意が必要です。
また、シミ治療には上記でご説明した通りダウンタイムがございますので、ご本人のご予定に合わせた治療スタートをお勧め致します。
ダウンタイム期間に注意していただくことは普段のスキンケアでも注意していただきたいことと同じです。これをきっかけに日頃からお肌に負担のないお手入れをこころがけましょう。

少々厳しいことも申し上げましたが、当院ではより良い治療結果になるよう
施術後のケアもご指導させていただいております。
写真 シミ照射直後

レーザー直後は少々赤みがあり、当てた部分が黒っぽく変化していきます。
薄いかさぶたができている状態。

ページ上部へ戻る