神奈川県小田原市の美容皮膚科クリニック

冬のスキンケア

季節に合わせたスキンケアをご紹介しておりますが、今回は冬。
お肌も季節によって変化してまいりますので、その時々の肌状態に合わせたケアが必要です。

冬はやはり乾燥
前回のコラムでもご紹介した乾燥。冬のお肌の変化で1番大きいのがその「乾燥」です。
冬は湿度が低下し空気が乾いているため、皮膚を保護する角質層からたくさんの水分が蒸発し奪われていきます。
さらに気温の低下とそのための体の冷えによって皮脂や汗の分泌量が少なくなるため、
より一層皮膚の「乾燥」がすすみ、キメが乱れてしまい刺激に対して過敏になってしまう
「乾燥肌」の状態になりやすくなります。

大切なのはやはり保湿
冬のスキンケアでは、角質層の水分を保つために必要なヒアルロン酸やセラミドなど
保湿成分を補うことを第一に考えます。
最近はスキンケア商品が数多く並んでいますが、選ぶときには有効成分が含まれているかどうかを
しっかり確認しましょう。
また、目元や口元などの皮脂の分泌量がすくない部分は特に乾きやすいので
クリームなどで油分を補給しましょう。

長めの入浴はNG?!
前回の乾燥の原因でも紹介した通り、長めの入浴は乾燥をまねきやすくします。
入浴時間を長くすると皮膚の保湿成分が溶け出してしまい「乾燥」をまねきます。
入浴する際のポイントは「お湯は熱すぎず、時間は長すぎず」。普段の入浴は全身浴で、
40度程度のお湯に10分もつかれば十分です。
皮膚の「乾燥」防ぐためには保湿成分の入った入浴剤を入れることもお勧めします。

季節に変化あるように、お肌も季節に合わせて変化します。
季節に合ったスキンケア方法を心がけていきたいですね。

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s