神奈川県小田原市の美容皮膚科クリニック

正しい洗顔方法

誰しもがあり前のように毎日行っている洗顔。
実はその洗顔はとても大切なもので
皮膚を清潔に皮膚本来の機能を維持する為に
必要なスキンケアの基本と言えます。

なぜ洗顔が大切なのか
皮膚を汚れたまま放置すると古い角質が溜まり、
正常な新陳代謝が崩れてしまいがちになります。
また、皮膚の汚れは細菌の繁殖場所ともなりやすく、
感染症やにおいの原因となることもしばしばです。
洗顔はこれらを防ぐスキンケアの基本となります。

正しい洗顔方法は?
メイクを落としたり、汚れを落とすためにゴシゴシ強めに
洗顔されてる方はいらっしゃいませんか?
コラムでも何度も出てきている「摩擦、こすりすぎに注意!」
これは洗顔にも言えることです。
肌が弱い人に限らず、刺激の与えすぎはNGです。
 
① 洗顔料をよく泡立てる
 手と顔全体をまずは水で良く洗います。適量の洗顔料を泡立てネットなどを利用し空気を巻き込むようによく泡立てます。
② 円を描くように洗う
手のひらと顔のあいだで泡を転がし円を描くように洗います。
この時洗顔料の泡がすくないと手と頬に摩擦がおきてしまいます。
また頬などのこすりすぎにも注意です。
③ タオルは押しあてる
十分にすすぎます。やわらかいタオルを使いこすらず、
押しあてるように水分を取ります。

自分ではお肌の為に行っていたことが、
逆にお肌に負担をかけていることもあります。
本日ご紹介した洗顔方法は本日からも取り入れられますので是非ご参考にしてみてください。

FullSizeRender