LED:オムニラックス

にきび

にきびとは・・・

にきびは、過剰な皮脂分泌が原因で毛穴が詰まる事による炎症で、ホルモンと皮脂、細菌の相互作用によって毛包が炎症を起こすとできます。患部が赤く腫れたり、細菌感染して膿んでしまいます。膿瘍ができることもあります。嚢胞と膿瘍は、いずれも内部に膿がたまったくぼみのことですが、膿瘍の方が大きくて深さもあります。にきびは、下記のように出来ていきます。

1.皮脂の詰まり(毛穴の角化)  
2.アクネ菌の増殖  
3.放置による炎症(赤にきび)  
4.組織崩壊によるケロイドや凹凸

10代の思春期にできるニキビは、成長期における男性ホルモンの分泌が一時的に高まり、皮脂が過剰に分泌されることが原因。これに対し、30代くらいに発症するニキビは、肌のターンオーバーの乱れによる角質肥厚、ストレスや活性酸素など、さまざまな要因が複雑に絡み合っており、同じところにできやすいのが特徴。角質ケアや抗酸化ケアが必要になってきます。
clip_image002.jpg

にきびが出来やすい個所

にきびがよくできる部位は、顔、胸の上部、背中で、吹き出ものと嚢胞が特徴です。
にきびの元となるアクネ桿菌が顔や胸、背中に常在菌としてもとから多く存在するからなのです。

nikibi3.jpg

原因

大きな原因は、過剰な皮脂の分泌による毛穴の詰まりです。10代の若者のにきび発症率が高いのは、時期的に皮脂が多く分泌されるからなのです。
オイリー肌(脂性肌)の人は例えば40歳になってもにきびに悩まされます。

ニキビの種類

毛穴・にきびが表皮に覆われ白くみえるにきび、毛穴が開いた状態でにきびが酸化し黒く見えるにきび。にきびを放置するとさらに悪化し赤く炎症した赤いにきびとなります。赤みが気になるからと言ってさわったりつぶしたりすると、火傷あとのようなケロイド状態になったり、表面に凹凸ができたりしてしまい、炎症がひどくなったり、ニキビ跡としてのこったり、炎症後色素沈着にも繋がってしまいます。
思春期に多い一般的な「にきび」とよばれているものは尋常性ざ瘡といい、化膿して、膿疱が目立つものを膿疱性ざ瘡といいます。

<ストレス性ニキビ>
最近はストレスによるニキビも増えてきています。
ストレスは皮脂の分泌と大きく関係しています。
過度のストレッサーによって、体内にストレスホルモンと呼ばれるホルモンが分泌されます。 そのホルモンが、ビタミンB群を抑制すると考えられています。
生理前の黄体期になると、ニキビを作りやすくする男性ホルモンに似た働きをする黄体ホルモンが増えるので、黄体ホルモンが多く分泌されることで皮脂分泌量も多くなりニキビが出来やすくなります。
ストレス性にきびが発症したのち、尋常性にきび、嚢疱性にきびに変化していきます。

<ニキビ跡>
にきびの炎症等により真皮や皮下組織にあるコラーゲン等が破壊された事により再生機能を失った皮膚を指します。このにきび跡が集合体になるとクレーターと呼ばれる、凸凹が肌に現れ、多くの方を悩ませるのです。

また、ニキビの圧出治療もあります。

LED

皮膚の深部まで光エネルギーを到達させることで、ニキビの原因菌の殺菌、コラーゲンの生成、肌のターンオーバーの促進などを行う光治療です。

体験者の声

「目にカバーをして顔全体に赤いライトをあてました。
熱くはなくむしろ心地よく眠ってしまいました。とても大きなライトでスタッフの方が顔以外にもあててもとても良いと教えて下さったのでタートルネックの服の首元を下げて首までしっかりあててみました。
1回目は何となくハリがでたように感じました。
もう10数回目ですが目の周りの小じわが目立たなくなってきました。
眠っているだけなので簡単です。」40代女性

治療後の痛みや赤みがないため、施術後すぐにお化粧が可能です。

LEDによる効果

ニキビの治療に
お肌のハリに

ページ上部へ戻る