グリシルグリシン導入

毛穴、ニキビに

毛穴とは、、、

健康な肌の場合、毛穴は引き締まっています。
毛穴の奥には毛を作り出す毛根、皮脂を分泌する皮脂腺、汗を出すアポクリン汗腺があります。毛穴は皮膚の表面を乾燥や化学物質の刺激から守るとともに、汗や皮脂と一緒に不要な老廃物を排出して、代謝を活発に行なっています。
毛穴自体の大きさは、ほとんど遺伝的なもので、それには男性ホルモンの量が関与しています。男性ホルモンが多い方は、皮脂線からの分泌量も多く、皮脂腺の出口も大きくなるので、毛穴が目立つようになります。皮脂だけでなく、角栓でも毛穴は広げられ大きくなってしまいます。

原因

肌の水分量が減ってしまい、角質部分が厚くなったり、乾燥から肌を守ろうとして、角質部分が厚くなって毛穴がつまってしまうことがあります。毛穴に過剰な皮 脂がたまり毛穴が押し広げられることが原因でも毛穴はひらきます。また、老化によっても、肌の弾力・ハリが失われて毛穴が開きます。炎症ニキビのあとや、 毛穴パックや指や器具で無理に角栓を押し出したことで、肌が傷つき開いたままになることもあります。
毛穴の中に溜まった皮脂が酸化し角栓化すると、毛穴が黒ずんで見えることもあります。
太い毛が生えていたり、毛穴の中に毛が詰まっていることがあります。

毛穴が開く原因として大きく4つ

・乾燥肌による水分不足で、皮脂の量が増えて毛穴が開いてしまう
・肌のコラーゲンが減り、肌がゆるむと毛穴も開くようになります
・慢性的な水分不足によりお肌の張りもなくなり、毛穴が開きやすくなる
・皮脂の分泌が多い脂性の肌の方は、毛穴が開きやすくなります

メカニズム

o0794049012155262170.png

毛穴が開きやすい場所

体でもっとも毛穴が多いのが頭、続いて顔で、顔には約20万個の毛穴があると言われています。
o0800047312155262169.png
顔の毛穴はボディーより皮脂腺が発達しているので、
うぶ毛に対して皮脂腺が大きいため、皮脂分泌が多く、毛穴が目立ちやすいのです。
顔と一言でいっても、特に頬や目の周辺には毛穴が少ないのに対し、
Tゾーンと呼ばれる額や鼻部分では、毛穴の数は多く、
皮脂腺も発達している事から、皮脂分泌量が特に多い部位となります。
たるんだことによって、毛穴が開きやすい個所は、小鼻の脇や頬など特にたるみやすい部分に出現します。黒ずみは、眉間や鼻に多くみられます。

毛穴が開きやすい好発年齢

頬の内側の毛穴の開きは30代以降になると、乾燥による老化が原因でも毛穴が開いてきます。これは、肌のハリが失われていくためにだんだんと毛穴が開いてく るのです。遺伝も大きく影響しますので、両親のどちらかに毛穴の開きが目立つ人は、同じく毛穴が目立ちやすいということもあります。
また毛穴のつまりは、乾燥や洗いすぎなどによって水分量が低下してしまい、角質部分が厚くなって毛穴の出口が角質にふさがれてつまりやすくなってしまいます。

毛穴の開き、つまりの予防

毛穴の開きや毛穴のつまりが気になる人は、肌を乾燥させないことと、水分量をあげるスキンケアを早めに行うことが必要です。
もちろん、ピーリングやイオン導入など様々な治療もできます!

グリシルグリシン導入

ビタミンC導入

グリシルグリシンをイオン化し、お肌の真皮まで届かせます。
毛穴、ニキビに効果的です。お肌が紫外線などの刺激にさらされている方にもお勧めです。

グリシルグリシン導入よる効果

毛穴、ニキビに

ページ上部へ戻る