ライムライト(I.P.L.)

しみ

しみとは、皮膚内で作られるメラニンという色素が沈着したもの。
紫外線を浴び続けることでできる「老人性色素斑(日光黒子)」がもっとも一般的ですが、子供の頃からみられるソバカスや、ホルモンバランスの崩れが関係する「肝斑」という
シミもあります。

しみのメカニズム

強い紫外線などの刺激を受けると、
体は大量のメラニンを作り出してダメージから細胞を守ろうとします。
通常メラニンはターンオーバーによって排出されますが、
排出しきれないほど大量に生成されたり、
ターンオーバーが乱れたりすることによって、シミ・ソバカスとなってしまうのです。
o0740044712155213169.png
*メラニンは、本来はからだの防衛機能のひとつ。
メラニン排出のためにはターンオーバーが大切。

【原因】

メラニンが過剰に生成されてしまう要因は色々ありますが、
紫外線の影響は非常に大きいのです。
女性は、男性に比べると、皮膚の厚さが薄い傾向にあるというのも言えますが、
それ以上に影響が出るのは、メイクなどで、男性に比べて肌に触わる機会が多いということも
原因に。

また、眠っている時の枕との摩擦、顔にかかる髪の毛、目を擦る癖、
コンタクトを入れる時に下まぶたをひっぱる…etc.
これらも肌のことを考えたら、できるだけ避けたい日常の刺激なのです。

【好発部位】

o0348044012155219941.png
・目の周り
目尻のあたりや、目頭と鼻の間のくぼんだ部分、髪の生え際にできることが多くあります。

・頬
日光が多くあたりやすい、頬骨の高い部分にできることが多くあります。
化粧かぶれなどの色素沈着が起こることもあります。

しみの種類

①老人性色素斑

多くのシミがこのタイプ。
日光性黒子、老人性色素斑とも。淡褐色~濃褐色の色素斑で、
顔以外にも手、背、前腕、上背などの露出部に多く、特に中年以降に増え、
主に紫外線が原因とされています。

大きさは米粒ほどの小さなものから10円玉大のものまであり、
悲しいことに年齢を重ねれば重ねるほど増えていってしまいます。

老人性といえども、20歳代から徐々に生じるようになり、40歳代では約6割の人に
みられると言われています。さらに、50歳代になると約8割の人に出現するようになる
皮膚症状です。

経過としては、始めは薄い茶色をしています。
その後は、徐々に濃くなり目立つようになってきます。
ごく薄い状態であれば、美白化粧品やケミカルピーリングなどが有効です。
濃くなってしまった老人性色素斑は、美白化粧品やピーリングでは
完全に消すことはできません。
しかし、濃くなってしまった老人性色素斑は、レーザー治療によって取ることができます。
ビタミンCや美白外用剤などで薄く目立たなくしたり、
次のシミができるのを予防することができます。

基本的に「顔全体」に出来ます。ただし、顔中央より側面に好発します。
これは、太陽光が正面から来ると、顔正面を避け(眩しいから)避ける影響もあります。

長期紫外線暴露

*シミを長年放置したままにしておくと、イボ状に隆起し、
 「老人性疣贅(脂漏性角化症)」という老人性イボに進展することもあります。
これは、中年から高齢者には非常によくみられ、害はありません。
また、長年紫外線を浴び続けていると、皮膚がかさかさしたうろこ状や
かさぶたのようになることがあります。これは「日光角化症」という皮膚の病気で、
まれに皮膚癌の元になることもあります。顔や頭部、手背に好発し、
60歳以上の高齢者に生じやすいといわれています。

日焼け止め、日傘、サングラス、マフラー、など、日常からUVカットをして、
紫外線を極力浴びないようにすることが大切です。

②雀卵斑(ソバカス)

雀卵斑(じゃくらんはん)とは、そばかすのことで、色白の日本人は目立ちやすいと
いわれています。小さな茶色いシミが鼻を中心に左右の頬に対称に散らばるのが多いですが、
顔だけではなく、手や背中、肩、デコルテにもできることがあります。

雀卵斑の原因は、遺伝、紫外線、女性ホルモンの変化、ストレス、睡眠不足、疲労などが
あげられます。
妊娠中の女性に雀卵斑ができやすくなるのは、ホルモンに変化が起きて
バランスが乱れるためで、角質層の奥にあるメラノサイトが刺激を受けて、
活動が活発になり、メラニン色素ができやすくなるのです。
老人性色素斑と同じく、はじめはごく薄い茶色をしています。
経過も通常のしみと同じで、紫外線を受けることにより徐々に濃くなっていきます。
老人性色素斑のシミなどと違い、薄い状態でも美白化粧品の効果があまりありません。
そばかすのしみを消すには、レーザー治療が最も効果的と考えられています。

学童期に発症が多く、思春期に増悪し、老年期に軽快
色白の乾燥気味の肌に多い

家族性のことがあり、紫外線、妊娠により増悪
各種治療に比較的反応するが長期的に再発が多い

直径数ミリ以下の丸い斑点のような顔に生じる茶褐色の小さな斑点で、
頬や鼻の周りなどに多く出る。遺伝性が強く、3歳ごろから見られ、
思春期に特に目立つようになります。
ストレスや睡眠不足も原因。雀卵斑を防ぐためには、生活習慣の改善も必要!

予防は遺伝的要素が強いので難しいですが、濃くならないにはとにかく紫外線をカット。
夏に一番目立ち、秋から冬にかけてはまた薄くなっていきます。日差しが強い夏は必ず帽子、
日焼け止めをはじめ必ず対策をとりましょう。

③炎症後色素沈着

やけど、にきび、かぶれなどの炎症
なり易い人:炎症を起こしたことがある方
やけど、ニキビ、化粧品かぶれなどによる肌の炎症が治った後に生じる褐色のシミ。
炎症などで色素細胞が刺激されてメラニンの増加が起こると考えられています。
自然に消えていきますが、ビタミンCの内服やハイドロキノンなどの美白外用剤などを
使うと早く薄くなります。

年齢・性別・部位に関係なくできるが、時間とともに徐々に薄くなることが多い。

炎症性色素沈着は、肌の炎症がおさまると自然と消えるシミなのですが、
皮膚の炎症が悪化すると、真皮にまでメラニン色素が入り込み、シミが取れにくくなります。
色素沈着の悪化を食い止めるためには、紫外線を遮断して、日焼けをしないことが大切です。
炎症性色素沈着自体を防ぐには、肌に合わない香水や薬品の使用をさけ、
無理なムダ毛処理は行わないようにします。その上で、紫外線を遮断することが大切。

④肝斑

肝斑は頬骨のあたりを中心に、しかも左右対称にできやすいのが特徴。
(すべてというわけではありません。)
女性の顔に多く生じるシミで、原因として、紫外線、妊娠、避妊薬、抗けいれん薬、
及び光毒性薬剤など様々なものが上げられていますが、慢性的な過刺激(こすりすぎ)を
原因とする意見も有力です。
妊娠後期と更年期に悪化しやすいと言われます。他のシミと同様に紫外線は増悪因子です。
薄い褐色でやや大きく、頬骨に沿って左右対称にできるのが特徴的。また、レーザー治療で
悪化するといわれていたが、近年肝斑対応のレーザーも登場し、
小田原銀座クリニックでは多くの肝斑治療をしてています。
トラネキサム酸配合の内服薬でも改善することができます。

40代以降の女性の約50~80%(色素沈着の程度の差あり)

根本的な病因はまだ解明されていない
悪化因子として、紫外線、物理的な刺激、女性ホルモンの関与がある

肝斑の疑いがあるシミ
• 30~40代で突然シミができた
• シミが頬骨や目尻の下にある
• シミが左右対称にある
• シミの形がはっきりしない
• 季節によってシミの濃さが変わる
• 妊娠したことがある、または経口避妊薬を服用している
• 紫外線対策やビタミン補給では効果が出ない
• 顔のマッサージをよくやる
• こすって化粧をしたり、クレンジングをしている
• ストレスが多い生活をしている。
ストレスは肝斑の大きな増悪要因となります。ストレスを避けられない場合は
ビタミンCや抗酸化サプリの摂取もお勧め。

一般的なシミ治療

黒い色に反応するレーザーの特徴を生かし、シミの個所にレーザーを当て、メラニン色素を攻撃。表皮のメラニンはかさぶたとなってはがれおち、奥のメラニンは、老廃物となり、
リンパ腺や血管に流れ、排出されます。

お勧め治療

・光治療:ライムライト、YAGレーザーが効果的
・塗り薬:レチノイン酸クリームの併用でより早くきれいに消えます。

・ライムライトと塗り薬(レチノイン酸クリーム)の併用できれいに消えます。

・塗り薬(レチノイン酸クリーム)が効果的
・老化のしみも混在している場合はライムライト、またはYAGレーザーを併用
・ビタミンC、トラネキサム酸を服用すると、より効果的な治療とともに、治療後の予防にもなります。

炎症性色素沈着

・ニキビ痕の茶しみの場合はライムライト、YAGレーザーが効果的です。


くすみ


概要

くすみは、肌に透明感がなく、明るさや、つやが感じられない肌状態で、
角質層の透明感の低下によって肌の内側の血色が見えにくくなりくすんで見えます。
黄色人種である、日本人は特にくすみやすい傾向にあるようです。毛穴が開いていると、
肌に凹凸ができ、光の当たる具合によってくすんで見えることもあります。

原因

多くの場合、血行不良による赤みの減少からくすみが生じます。
他の原因して、角層の水分量低下や肌荒れによるきめの乱れ、角層の重層化、
表面状態の悪化やメラニン量の増加による明度の低下などの要因が複合して、
肌のくすみを引き起こすと考えられています。
肌のくすみには、一時的な体調不良や精神的ストレスのほか、
紫外線の影響の蓄積、加齢による機能低下なども関与していると考えられています。

くすみやすい場所

くすみが生じやすいゾーンは目(目のまわり)、鼻(小鼻周辺)、頬(ほほの高い個所)
ただ、くすみは顔だけでなく、体の様々な部分に生じます。

o0186025112149720856.png

くすみの好発年齢

女性はホルモンの関係で、出産後や閉経後にくすみやすい傾向にあります。

くすみの予防

くすみの改善には、古くなった余分な角質層を除去することが
くすみを防ぐための効果的な方法。また、保湿剤による角層の水分保持や、
美白剤によるメラニン量の低減、血行促進、角層の正常な剥離を促すことなどが効果的です。

出来てしまったくすみには、
ジェネシスやライムライトなど効果的な治療もあります!

ライムライト(I.P.L.)


ライムライト(IPL)

ライムライト(I.P.L.)とは?

日本人の肌質に合わせて開発されたフラッシュライト(I.P.L.)を照射します。
しみ・くすみ・赤み等のトラブルを改善し肌の透明感を得ることができます。
コラーゲンが増え肌のキメが細かくなり弾力のある肌が蘇ります。

ライムライト(I.P.L.)治療による効果

しみ・くすみ・にきび・小しわ・毛穴・赤ら顔の改善

治療の流れ


1.カウンセリング

    ▼

2.洗顔

    ▼

3.肌診断機「VISIA」撮影

    ▼

4.ジェル塗布
 *光の浸透を高めるジェルを塗ります。

    ▼

5.LimeLight照射
 *10分程。
  照射中は産毛の多い部分は熱感を感じる場合があります。多くの場合、施術中は熱感よりも光の眩しさを感じます。

    ▼

6.終了
 *すぐにメイクができます!


多彩なお悩みをまとめて改善できるライムライト(LimeLight)併用治療が可能
ページ上部へ戻る