タイタン(近赤外線ランプ)

タイタン

タイタンとは、光による、切らないたるみリフティングです
タイタン(近赤外線ランプ)
近赤外線という光エネルギーを使用します、次世代タルミ治療器です。
この近赤外線は真皮にまで届き、コラーゲンを生み出す細胞を活性化。
肌を内側から引き締めしわやたるみに効果絶大。

o0275018711974219605.jpg
またジェネシス との併用でさらに高い効果が期待できます。
お客様の中にはフェイスラインにタイタンとジェネシスをあてた所、
直後に、ご本人様、ドクターが一目でわかる程に肌が引き締まったという方もいらっしゃいます。
そんな効果からタイタンは別名「フォトスキンタイトニング(皮膚引き締め)治療」とも呼ばれています。
タイタンPRP を一緒に施術される方も多くいらっしゃいます。

その一例が
o0325026011974194713.jpg
このような感じに引き締まります!

ホウレイ線が気になる方、たるみ、しわでお悩みの方、かなりの速効性で効果を実感して頂けると思います。
ぜひぜひご相談くださいませ。

タイタン(近赤外線ランプ)

近赤外線を用いた痛みの少ない次世代タルミ治療器

タイタン(近赤外線ランプ)

Titanは真皮層における水分を効果的に加熱することにより、コラーゲンの収縮、再生、増殖を促し、痛みが少なく、安全で効果的なたるみの治療を可能にしたフラッシュランプを用いた治療器です。
Titanに用いられている近赤外線レーザー(1100nm – 1800nm)は長波長レーザーの特徴でです。
深達度の深さ、ユニークな波長帯を使用しての水による中程度の吸収を利用することで、ターゲット治療領域(真皮層中層から低層)での、高い治療効果を実現します。
また、安全性と効果的な治療を実現するため、1400nm付近のレーザー光をカットすることにより、
真皮層の水分過加熱を避けるよう設計されています。

タイタン治療による効果

Titan治療には真皮層における下記の効果があります。

1 強力な引締め効果

2 真皮組織の即時的熱収縮

3 長期的なコラーゲン増生による引締め効果の持続

タイタン症例写真

タイタン症例写真

治療の流れ


1.カウンセリング

    ▼

2.洗顔

    ▼

3.肌診断機「VISIA」撮影

    ▼

4.ジェル塗布
 *浸透を高めるジェルを塗ります。

    ▼

5.タイタン照射
 *20~40分程。
  照射中はヘッドがあたっている部分に温かいか少し熱さを感じます。

    ▼

6.終了
 *すぐにメイクができます!


サーマクールのアフターケアとしてもおすすめ!お肌のメンテナンスにも最適

体験者の声

「特に気にしていたあごのラインを相談にいきました。
歳なので仕方ないとはいえ多少はきれいにしていたいのと同窓会が近いので
思い切ってクリニックに行きました。
たるみは、外科の手術がよくでていますが切るのは嫌なので
ここのホームページにのっていた「タイタン」を体験しました。
冷たいジェルを顔にのせて「ピー」と音がするとその部分が少し温かく感じます。
まずは、顔の右半分をあててもらって鏡を見ました。右側だけ顔が小さくなっていてしかも口の横のシワも薄くなっていました。
顔全体にやってもらって1時間かかりませんでした。
ちょっとジェルが冷たいですが我慢できます。
赤くもなっていないのに顔が小さくなっていてすごく嬉しく思いました。
ただ、この効果は1ヶ月程度緩んでくるので
1ヶ月に一度くらい5〜6回続けるとキープ力がつくそうです。同窓会前迄続けて若返ります。」(60代:女性)

ページ上部へ戻る