C6

たるみ、気になる毛穴に

20代後半から、両頬外側に潜んでいるシミ「肝斑(かんぱん)」

女性ホルモンのバランスの崩れから生じ、妊娠中だけでなく、女性ホルモンを内服していたり、ストレス、生理前、紫外線が強い時期に濃くなる左右対称に頬や口元にできるシミで、肝臓の形に似ていることからつけられた病名です。

レーザー治療は、かえって肝斑の色を濃くしてしまいますが、当クリニックでは肝斑適用のレーザーがあります!!

o0103031612034500941.png
「メドライトC6」

さらに、、、、

・ビタミンC 

・トラネキサム酸 ・Lシステイン(ハイチオール) の内服が効果的です。

肝斑(かんぱん)撃退ブレンド! ビタミンC トラネキサム酸 配合の肝斑スペシャルプランもあります。

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

MedLite C6(メドライトC6)

QスイッチYAGレーザーを用いて肝斑の治療を行います。
麻酔を必要とせず、ダウンタイムもほとんどありません。

治療のすぐ後からメークが出来るのも、この治療の特長です。

● 1、2週間に1回の間隔で複数回の治療をお勧めします。
● 麻酔不要、ダウンタイムもほとんどありません。
● 治療時間は両頬で10分程度、直後からメークが可能

C6治療の効果

肝斑治療

ページ上部へ戻る