神奈川県小田原市の美容皮膚科クリニック

いぼ・ほくろでお悩みの方へ

いぼ・ほくろについて

いぼについて

いぼには老人性いぼといわれる脂漏性角化症と人から人に感染するウイルス性のものがあります。老人性いぼと言われると聞こえがわるいですが、20代で現れることもあります
見た目がシミと類似していることがあり、勘違いされる方もいらっしゃいますが、違いは隆起していること。シミがメラニン色素の沈着に対していぼは皮膚の表面が変化してできます。

ほくろについて

大きさや色、盛り上がり方まで千差万里なほくろは大きく分けると単純黒子と色素性母斑の2種類になります。そのうち一般的にほくろとされているものが色素性母斑。母斑細胞性母斑とも称されます。メラニン色素をつくり出す母斑細胞が増え徐々に盛り上がってくるもので、ドーム状に隆起することもあります。

いぼ・ほくろの原因

老人性いぼ(脂漏性角化症)

大きな原因は、紫外線の影響によるものです。
加齢によってお肌の新陳代謝が衰えたり長年に渡り紫外線を浴び続けることで、排除しきれないメラニンが少しずつ蓄積して出来たシミ(老人性色素斑)が盛り上がってきたり表面がザラザラと固くなったりなど変化して脂漏性角化症になるケースも多く見られます。

ウイルス性いぼ

皮膚にできた小さい傷口からウイルスが侵入し感染することで、いぼがあらわれると考えられます。

ほくろ

紫外線を浴びるとメラノサイトがメラニンを作り出し、その過程で何らかの刺激を受けると、ほくろができてしまいます。
女性ホルモンのバランスの崩れ、メイクやスキンケア時の肌への刺激、生活習慣の乱れなどございます。

たるみの原因

いぼ・ほくろの対策

老人性いぼ(脂漏性角化症)

紫外線対策に気をつけ、日焼け止めを使ったり、日傘や帽子で紫外線からお肌を守りましょう。

ウイルス性いぼ

感染の疑いがある人や物に極力近づかないことです。
ご家族が感染された場合、タオルなど、教養されている物はしっかりと殺菌するなど十分注意しましょう。身体の抵抗が弱っているときには、ごく少量のウイルスでも感染し発症することがございますので、身体を健康に保つことも大切です。

ほくろ

いぼ同様、紫外線対策、刺激の少ないスキンケア、生活習慣や食生活に注意し、新陳代謝やホルモンの乱れに気を付けましょう。

いぼ・ほくろの治療

気をつけていても出来てしまったいぼやほくろ…
悩まず、ぜひ当院にお越しください。
症状に合った治療法をご案内いたします。

診断メニュー

  • 30C

    (炭酸ガスレーザー)

    切開をせず、ほくろ、いぼを取る治療が可能。

    ほくろ1mm:6,500円〜

    いぼ2mm未満:5,250円〜