神奈川県小田原市の美容皮膚科クリニック

ネット予約

ウルトラセル Qプラス(高密度焦点式超音波(HIFU))

ウルトラセル Qプラス(高密度焦点式超音波(HIFU))

高密度焦点式超音波(HIFU)とは

ハイフ(HIFU)とは、「High intensity focused ultrasound」の頭文字を取った略称で、
高密度焦点式超音波と呼ばれています。

この原理は、虫眼鏡で太陽の光を集めて、その光を1点に集中させてその部分だけに熱源を発生させるというものとほぼ同じです。
超音波を集めそれを1点に集中して照射することで、狙った部分にだけ高密度な超音波をあてることができる技術となっています。
体の組織の1点を狙い撃ちできるので、表皮や他の組織に影響が出ることがない、というのも大きな特徴です。
超音波の熱エネルギーを皮膚内部に点状に集中させ、タンパク質変性を起こすことでコラーゲンの再生を促し、たるみを改善します。
治療後はもちろん、コラーゲンの再生が行われる2〜3か月後に最も効果を感じていただけます。
リフトアップやタイトニングに最も効果的な皮下SMAS筋膜にHIFUを照射できるのは医療機関のみとなっています。

ウルトラセル Qプラス治療による効果

フェイスラインのたるみ

二重アゴやゆるんできたフェイスラインに悩んでいる方。ほうれい線やマリオネットラインが気になってきた方にもおすすめです。

小顔になりたい

加齢とともに顔が大きくなってきたとお悩みの方。たるんでしまった顔を全体的に引き上げることで、ポニーテールをしたときのような引き上がった印象の顔に整えます。
またお若い方にもおすすめです。
シュッとしたフェイスラインへ導きます。

メスを使用しない治療がいい

外科的手術には抵抗のある方。これまで手術でしかアプローチできなかったSMAS(筋膜)にまで熱を加えて引き上げることができるので、「切らないリフトアップ」が可能です。

ウルトラセルQプラスのメリット

メスを使用せず、表皮、真皮、SMAS(表情筋筋膜)にアプローチできるため、シワやたるみを引き上げ、リフトアップすることが可能です。

表皮を傷つけることなく、短時間で真皮層まで熱量を届けるため、ダウンタイムは必要ありません。施術終了後はメイクをしてご帰宅いただけます。

表皮に照射される面積は最小限に抑えつつしっかり熱を与えるので、痛みはほとんどありません。

治療の流れ

1.カウンセリング

2.洗顔

3.肌診断機「VISIA」撮影

4.ジェルを塗布

5.照射

※20分〜30分程度。

6.ジェルを拭き取り終了

7.洗顔をしてジェルを洗い流す

8.メイク直し

※治療後すぐメイク可能です。